各種検定講座内容

パソコン技能検定Ⅱ種試験

試験内容

ワード・エクセルを使用して指示により実践文章の作成や作票を行います。

受験者

学生・OL・職業訓練生・ビジネスマン・再就職を目指す主婦

この検定試験が役に立つ場面

職場や学校、家庭でのあらゆるステージで役立ちます。

当校にて詳しいご説明しております。

パソコン検定 文章試験

試験内容

ワードを使用して指示に従い実践文章を作成します。知識ではなく、実際にビジネス文章の作成能力をはかる実践的な試験です。

受験者

職業訓練生・再就職を目指す主婦・ビジネスマン・OL・学生

この検定試験が役に立つ場面

職場や学校、家庭でのあらゆるステージで役立ちます。

当校にて詳しいご説明しております。

パソコン技能検定ビジネス実務試験

試験内容

ワード、エクセルを利用して指示されたビジネス文章を作成します。その後、パワーポイントを利用してプレゼンテーション用の文書を作成します。

受験者

実践試験

職業訓練生・OL・学生・ビジネスマン・再就職を目指す主婦

実務上級

職業訓練講師・学生・OL・職業訓練生・ビジネスマン・再就職を目指す主婦

この検定試験が役に立つ場面

職場や学校、家庭でのあらゆるステージで役立ちます。

当校にて詳しいご説明しております。

パソコン検定タイピング試験 速記試験

試験内容

試験専用ソフトを使用して、表示される漢字かな混じりの文章を見ながら、そのまま入力します。パソコン速記検定試験はヘッドフォンを使用して読み上げられる音声(文章)を聞きながら入力します。

受験者

タイピング

OL・学生・再就職を目指す主婦・職業訓練生・ビジネスマン

速記

ビジネスマン・電話オペレーター・学生・OL・速記者・弁護士・ヘルプデスク

この検定試験が役に立つ場面

会議の議事録作り、ミーティングでのメモ、録音したレコーダーやテープの文章起し、学校でのノート代わり、相談やコンサルティングでの聞き取りメモ、ヘルプデスク、電話オペレーターが話を聞きながらの入力など様々な活用が出来ます。

当校にて詳しいご説明しております。

パソコン基礎検定試験

試験内容

パソコンを使いこなすスピードを重視しています。パソコンのスピードは一生の宝になります。ワードやエクセルを使いこなせると国語、数学が、またグラフや作業をおぼえることで理科や社会などの科目にも興味がわいてきます。

受験者

3級/中学2学年・中学1学年・小学6年・小学5年

4級/小学6年・小学5年・中学1年・中学2年

5級/小学5年・小学4年

6級/小学4年・小学3年

この検定試験の取得メリット

何かひとつ人よりも優れたものを持つことは、大きな自信ができて、他の分野にまで良い影響を与えます。また、パソコンを打つスピードを身に付けると、将来ずっとパソコンが好きになります。

当校にて詳しいご説明しております。

パソコンインストラクター資格認定試験

試験内容

情報セキュリティに関する一般知識

個人情報保護に関する一般知識

マークシート方式

受験資格

申込時に満20歳以上で、1級、2級とも当協会のパソコン技能検定Ⅱ種試験(パソコン検定文書・表計算試験)2級以上またはパソコン技能検定ビジネス実務試験実践以上の合格者、またはMCAS・MOSスペシャリスト(一般)以上(Office2000以降のWord・Excel両取得)の合格者。国籍、性別に制限はありません。尚、特例として各級とも以下の項目に該当する方も受験できます。

[1級]パソコン指導実務経験3年以上で、かつ指導実務時間が年間100時間以上合計300時間以上の者

[2級]パソコン指導実務経験1年以上で、かつ指導実務時間が年間100時間以上の者

 

受験資格補足

①受験資格は証明書(パソコン技能検定Ⅱ種試験(パソコン検定文書・表計算試験)2級以上、パソコン技能検定ビジネス実務試験実践以上、MCAS・MOSスペシャリスト(一般)以上の合格が証明できる書類のコピーまたは、協会指定の指導経歴証明書)を提出した場合のみ認めます。

②合格証または指導経歴証明書は、当協会へ提出し、受験資格が認められたものに限ります。

当校にて詳しいご説明しております。